若女将日記

若女将のブログ

人生の先輩たち

今年になって・・・

色々な方と出会ってまいりました。

年齢問わず、お客様、仲間、同業者の方、音楽関係の方・・
自然な流れでたくさんの方と出会い、たくさんのパワーを頂いています(^.^)

20代の時には・・・
負けず嫌いな自分がいて、
年上の方から言われると、素直になりきれない部分もあり
悔しくてその方を越えようと必死でやるという無茶な人格がありました。
そして年上の方を見る目はとても厳しく、自分より長く生きて経験しているのだから
なんでも分かって、なんでも出来て当たり前。というような変な観点がありました。

倍を生きた40代では・・
年上の方を見る目も変わり、
年齢を重ねている方でも無邪気で年下の私から見ても可愛らしい方や
いつも人を羨み、何故自分ばかり不幸なのかと嘆く方。
同じ年上の方でも
ある時から人格や性格が固まってくるのだなあ・・と見えてきます。

最近15歳~20歳ほどの先輩方とお話ししましても
とっても、爽やかな気持ちになれる前向きな方と、
常にぐちぐちと言い訳やヒガミ、自分の身の回りのことを悪い方へ悪い方へと考える方

両者では、とても大きな開きがあります。

特に後者の方とは、誰もが思うと思いますが
お話したくありません。

何か言葉をかけても・・
「でも・・」「○○さんはいいわね~」「私なんて・・」

という返事。聞きたくないですね。


そんな中、先日お越し頂きました重森三果さん。
とてもお忙しい中でありますのに何一つ愚痴はこぼされません。

理事長のさまざまな提案でも決して「出来ません」「ちょっと・・」などという逃げの言葉は一切ありませんでした。また、お仕事はスケジュールが合う限り選ぶという雰囲気もなく、とても謙虚な方でした。

これからも
とにかく心の豊かな方と会話をして色々な物を吸収していきたいと思います。

ひょっと、私が愚痴を言いだしたらお叱りくださいね(^O^)/
大抵は主人こと社長の三味線病の事ぐらいでしょうか(^^ゞ・・(笑)

2010/06/09 | ▲TOP

このページのトップへ