若女将日記

若女将のブログ

京都創生座

今日は岡山へ・・・

月二回のうちの仕舞と謡いのお稽古に出かけました。
なかなか月2回通えず(>_<)進んでも後戻りばかりの状態です・・・
(戻って復習していないのが上達しない原因ですね(>_<))

観世流能楽師の片山伸吾先生の下でお稽古していますが今日はこんなご案内を頂きました。

京都創生座:第回公演「四神記」ー神振る都の物語
3月21日(土)18:30~開演

まず、京都創生座とは・・・
京都市が「国立京都伝統芸能文化センター(仮)」の整備に向けてその意思とイメージを明らかにするために実施しているソフト試行型プロジェクト。ジャンルの異なる伝統芸能による新しい作品の創作やそれらを支える観客やスタッフの育成などの活動を続けている。
また、詳しくはこちらをご覧ください→http://www.soseiza.com/index.html
そして
3月21日の公演ですが、なかなか素敵な物語のようですので時間があれば出かけてみたいと思っております。師匠である片山伸吾先生や歌舞伎役者の片岡愛之助さん、その他狂言師や舞踊家などさまざまなジャンルの方達のコラボレーションです!!
詳しくはこちらを→http://www.soseiza.com/performance.html
「日本」は戦後欧米の文化に切り替えられていきましたが、今の時代だからこそ現代の我々はもう一度昔から伝わる日本の文化に触れ、受け継いでいかなければいけないのでは?と思います。
難しいと思わずにまずは触れてみる事で何かを感じられればいいでしょう。
1度より2度3度と体験や観劇に出かける事でその都度に観る角度や思うところが変わってくるでしょう。
奥深さにどっぷり浸ってみるのもいいですね(^。^)
また、情報がありましたら色々なイベントもご紹介してまいります♪

2009/02/24 | ▲TOP

このページのトップへ