若女将日記

若女将のブログ

京都続編・・・

実を申しますと毎月京都へは出張へ行っているにも関わらず、なかなか観光はした事がありません。
今回顔見世の翌日に予め予約をして「重森三玲邸」を訪れました・・・

同行してくださった方に「重森三玲庭園美術館(重森三玲邸書院・庭園)を観にいかない?」と言われ、
あまりよく下調べもせずに訪れました。
京都大学の近くで、四条のほうからバスで15分?くらい揺られ地図を頼りに重森邸を探しました。
11時の予約が早く着き、近くの吉田神社も少しばかり散策致しました。
そして時間どおりに入りますと男性の方が「どうぞこちらへ」と案内下さり(また私達だけの予約だったようで貸切状態です)
ゆっくりと「重森三玲氏」についてお話し下さいました。
詳しくは http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/open_01.html こちらで

ポカポカ陽気に素敵に調和されたお庭でゆっくりとした時間が流れなんとも心地よい一時でした。
また2時間近くもお話し下さった方は実はこの昭和を代表する作庭家の重森三玲氏のお嬢様のお婿さんでした。
またお話しをお聞きしていると書院にある変わった形の提灯型の明かりはこの香川にゆかりのあるイサムノグチ氏からプレゼントされたものでした。
そしてこの庭園どこかでご覧になった事はないでしょうか?
あの吉永小百合さんがお着物を着て出ていらっしゃるCMのバックに使われたお庭なんです!
またお話ししていると色々なご縁があり、この離れた京都でも何か懐かしく思われまた違う季節に訪れたい場所のひとつになりました。
こちらは本当に素敵な穴場ですので京都へ行かれる際には一度訪れてみて下さい!
IMG_4496.jpg
重森邸の前にて
IMG_4516.jpg
縁側に腰掛けて・・・
以前は真ん中に松の木があったそうです。(鶴に見立てた)
今では左の方から代わりに桜の木がしなだれて来ています

2006/12/23 | ▲TOP

このページのトップへ