若女将日記

若女将のブログ

顔見世パート2

今回の午後の演目は「俊寛」「口上」「雁のたより」「乗合船恵方萬歳」!!

午後からの第1番目は「俊寛」
平治の乱の後、源氏の勢力が衰え平家全盛の世となった時、平家一門の専横を快く思わぬもの達が
平家打倒の密議を重ねたが、これがばれてしまい、俊寛僧都、成経、康頼は南海の孤島、鬼界ヶ島へと流されました・・・
その島での流人たちの人間ドラマが演じられていきます。

俊寛を演じるのは片岡仁左衛門さん、成経は片岡秀太郎さん、康頼は片岡愛之助さん、千鳥という成経の妻になる海女は片岡孝太郎さん
というように歌舞伎の世界では役柄で夫婦、親子、また恋人同士・・などというのを実の親子、兄弟、伯父さんと甥っ子よいうように身内で演じていきます。
わたしなど素人は真剣に男と女を身内で演じるのは恥ずかしくないのかなーと思うところはありますが今回の孝太郎さん演じる千鳥。とっても可愛く毎回関心致します
この「俊寛」なかなか人間の心のうちをシビアに表現しており、大変昔のシーンを演じてはいますがそれぞれの人間の心のうちは現代の今も変わらないような気がします。

というように最初から感動する演目から入りましたのですっかりどっぷりはまりまして最終の演目が終わるのが9時半くらいでしたでしょうか?
そして今回お世話になったアトリエ翔の国分さん
またお疲れのところ二次会に顔を出して下さった片岡進之介さん
ありがとうございました
来年の歌舞伎も楽しみにしています!!
IMG_4468.jpg
お茶屋さんより?お祝いの飾り
青竹で組んだものに籠や松で御祝儀を飾っていました
IMG_4474.jpg
ちょうど今回の席は桟敷。私の座った場所から
IMG_4484.jpg
片岡進之介さんと国分さん

2006/12/22 | ▲TOP

このページのトップへ